中橋タイル技能士の道上治輝の画像1

技能士インタビュー

2000年度入社 道上 治輝

Q.中橋タイルを選んだ理由は?

A.学生の頃は全然勉強していなくて(笑)

なので、頭を使う仕事はあまり得意じゃなかったんですよね。体を動かすのが好きだったので、そういう仕事を中心に探してみたら、中橋タイルがあったんです。

実際に体を使う仕事だったので、ここまで続けることができました。もちろん頭も使いますけど、私にとっては良いバランスでした。


Q.苦労した思い出は?

A.最近だと駅の工事を間に合わせるために残業が数日あったので大変でしたね。

でも苦労というほどの苦労はしてないと思います。やっぱりまだまだベテランというほどの経験は積んでいないと自分では思っているので。

20年ほど働いてやっとベテランかなと思っています。


中橋タイル技能士の道上治輝の画像2

Q.良い思い出は?

A.忍耐力がついたことですかね。外での工事もあるので、寒い日も暑い日もありますし、長いこと仕事をしていると苦しい時もありますからね。

我慢しすぎるのは毒ですけど、ちょっと頑張ってやり遂げた時は結構気持ちいいですよ。


Q.あなたにとって中橋タイルはどんな会社?

A.他の会社のことはわからないのですが、社員同士の仲がいいです。

先輩とも帰りにご飯を食べに行ったりしますし、現場だけではなくて、本社の営業の人や、ジムの人達との距離がないですね。

大企業になると、同じ部署の人しか知らないってこともあると思いますが、中橋タイルはそんなこともなく、いい雰囲気ですね。

Q.どんな新人に入社して欲しいですか?

A.けじめがしっかり付けられる方が来てくれたら嬉しいですね。

仕事を頑張ろうという気持ちがあれば、教えたことを吸収して必ず成長できると思うので。

タイル張りの技術は、入社してからしっかりと基本から学べるので、そこを心配する必要はないです。