中橋タイル技能士の寺田一也の画像1

技能士インタビュー

2019年度入社 寺田 一也

Q.中橋タイルを選んだ理由は?

A.先生に「辞めずに長く働いている職人が多い会社だよ」と推薦されたのが決め手ですね。

最初は自分が職人に向いているか分からなくて不安でした。

そういう不安を先生に話したところ、会社の歴史が100年以上あることや、中橋タイルの職人になった方の多くが辞めずに続けていることを聞きました。

そこまで長く続くということは、職人を大切にする会社だし、地元に愛されて技術力が高い会社ということです。

ホームページを見ると有名な建物のタイルや石工事を担当していたので、良い会社だと感じて決めました。


Q.実際に中橋タイルに入社して印象に残ったことは?

A.現場の雰囲気が良いと感じました。

先輩方がとても優しいので、雰囲気が良いんだと思います。

それだけじゃなくて、仕事するときは真面目に、休憩中は笑いが起こるようなメリハリのある環境なので、人間関係で悩まずに生き生きと仕事ができるのが印象に残りました。

そんな環境で仕事をしていると、とても楽しく充実感があります。

楽しく仕事をしていると、イヤイヤやるより何倍も技術が吸収できるので、会社だけでなく働く人も長く続く理由がわかりました。


中橋タイル技能士の寺田一也の画像2

Q.将来はどんな職人になりたいですか?

A.長く続けられるように怪我やミスを出さない職人になるのが1番です。

そのためにも、基礎から応用までしっかりと実践で学んでいきたいと思っています。

それに加えて今は作業スピードを上げるのを目標にしています。現場では早く仕事を終わらせるために仕事スピードがとても大事です。

早く終わらせるにはどうしたら良いか考えながら実践をしていますが、少しでも早くできた時は達成感がありますね。

"もっと成長するにはどうしたら良いか"を常に頭で考えて現場に欠かせない職人になりたいですね。


Q.これからの新人さんへのアドバイスをお願いします。

有名な建物を担当することが多くあるので、周りに誇れる良い仕事です。

自分が担当した建物が何十年も残ると考えると、とてもやりがいがあるし楽しいと思います。

オススメの職場なので、ぜひ一緒に働きましょう。